>

年収による目安

頭金として用意できる金額

注文住宅を建てる際に、そもそも年収によって組めるローンの金額というのが違ってくるでしょう。
そのため、年収次第で家づくりにかけられる金額というのは変わり、必然的にどのくらいのグレードの住宅が建てられるのか異なってくるのです。

また、ローンを組む以外に、頭金を多めに支払うことができればその分だけ住宅を建てるうえで多めに予算を組むことができるでしょう。
頭金に関しては、ローンを組むのとは異なり利息がかからないわけですから、沢山用意することができればそれに越したことはありません。
引越しの際にかかる金額や、新居用の家具家電の購入費用、生活費などを考慮して、まずは頭金をどれくらい用意できるのかを考えてみましょう。
最低でも、購入しようとしている住宅の一割程度は準備しておきたいものですね。

年収により建てられる家のグレードは変わる

一般的に、住宅ローンを組むにあたっては、もちろん頭金の有無などにより差はあるものの、年収の2割から3割程度が妥当とされています。
これ以上の金額を借り入れようとした場合、銀行の審査も厳しくなりますから、そもそも住宅ローンが通らないというケースも考えられるでしょう。

また、注文住宅を建てようとした場合、建売購入の際にかかる費用よりも、相場として高くなる傾向がありますので、それを踏まえたうえで住宅ローンを組む必要があるのです。

以上のことから、例えば年収が400万円の人と1000万円とでは、借り入れ可能な金額は大きく変わってきますので、まずはご自身の年収を目安にどの程度の金額のローンを組めるのか、シミュレーションしてみましょう。


この記事をシェアする